最近の更新状況



ブログ休止中のお知らせとお詫び
ojigi044.jpg いつもブログをご覧頂きまして、誠にありがとうございますm(__)m

先日の更新でお伝えさせて頂きました通り、当ブログは、現在のところ無期限の休止に入っております。 せっかくご訪問頂きましたにも関わらず申し訳ございませんが、ご理解・ご了承賜りますよう、お願い申し上げますm(__)m

なお、再開がいつになるのか、まったくの未定です。 どのようになるのか分かりませんが、再開しました際には、またお付き合い頂けますと幸いですm(__)m

2013年07月02日

お久しぶりですm(__)m



+++ はじめに ++++++++++++++++++++++++++++++++++

東北関東大震災で被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
1日でも、1分でも、1秒でも早く、元の静穏な日々が取り戻せますよう、真にお祈り申し上げます。

また、地震・津波の発生よりご支援頂いております全国の皆様にも心より感謝申し上げます。
そして、引き続きのご支援を今一度、よろしくお願い申し上げますm(__)m

-----------------------------------------------------------------------------

<Facebookに「いいね!」を頂いた皆様、ツイッターでRT頂いた皆様へ>

Facebookに「いいね!」を頂いた皆さま、ツイッターでRT(リツイート)頂きました皆様。
誠にありがとうございますm(__)m

個別に御礼を申し上げることが出来ておりませんが、この場をお借りして御礼申し上げます♪

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


↓今回、おすすめのBGM




FA権を行使した今野翔太が、信州ブレイブウォリアーズに移籍し。
そして、大阪エヴェッサの新ヘッドコーチには、東頭俊典氏が就任

(東頭HCの誕生にはビックリしましたが・・・)


2013-2014シーズンに向けて、各チームともに新しい動きを見せている、初夏の季節。
皆様、いかがお過ごしでしょうかw


さて、そのような時期に唐突で申し訳ないのですが。
当ブログは、本日をもって、無期限の休止に入ることにしましたm(__)m


と言いますのも。
実は、今までに書き溜めていた原稿やら資料やらが飛んで(無くなって)しまいまして・・・


それでも、今までだったら、何とかして復旧させるか、イチからデータを作り直すか考えたと思います。
でも、今回は心の中で何かが切れて、『もう止めようかな』と思ってしまった。

それが今回の『無期限の休止』の大きな理由です。


ブログを始めて、4シーズン。
投稿した記事数は、まさかの、1,036本w


ここまで何だかんだと更新を続けて来られたのは、ひとえに読者の皆様のおかげです。

ブログを御読み頂いた皆様。
試合会場で声を掛けて頂きました皆様。

そして、飲み会で一緒にバカ騒ぎした皆様w
本当にありがとうございましたm(__)m


なお、『無期限』の休止なので、次の再開がいつになるのか、まったく決めておりません。

ひょっとしたら明日には再開するかもしれませんし、来週もしくは来月には再開しているかもしれません。
逆に今年も来年も、ずぅーと先も、しばらくは再開しないかもしれません。

どーなるか分かりませんが、また再開した際には、お付き合い頂けますと幸いですm(__)m


ということで。
私、ナリユキは、明日からフツーのヲッサンに戻ります(T^T)

(↑何のことかワカランという方は、お父さんかお母さんに聞いてくなんしょ)


ではでは皆様。
またお会いする日までーw


↓最後は、最近ハマっているこちらの曲をば。





なお、ブログは休止しても試合会場にはちょくちょくお邪魔すると思いますので、お見掛けした際にはお声掛け頂けますと嬉しく思います〜☆


バスケだから出来ること

【米国スポーツ経営者の発想に学ぶ】勝負は試合の前についている!

【沖縄までの最安値は???】楽天・ANAパックが意外にお得


※ブログに関する感想をお待ちしております。
今後の参考とさせて頂きますので、ぜひご感想をお聞かせ下さいm(__)m

ナリユキ >>> bjnariyuki@gmail.com

【bjリーグ 気ままに日記の最新記事】
posted by ナリユキ at 21:51 | Comment(10) | bjリーグ 気ままに日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月09日

bjリーグ・2012-2013シーズンオフ プロテクト選手について ※2013/06/10訂正あり



+++ はじめに ++++++++++++++++++++++++++++++++++

東北関東大震災で被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
1日でも、1分でも、1秒でも早く、元の静穏な日々が取り戻せますよう、真にお祈り申し上げます。

また、地震・津波の発生よりご支援頂いております全国の皆様にも心より感謝申し上げます。
そして、引き続きのご支援を今一度、よろしくお願い申し上げますm(__)m

-----------------------------------------------------------------------------

<Facebookに「いいね!」を頂いた皆様、ツイッターでRT頂いた皆様へ>

Facebookに「いいね!」を頂いた皆さま、ツイッターでRT(リツイート)頂きました皆様。
誠にありがとうございますm(__)m

個別に御礼を申し上げることが出来ておりませんが、この場をお借りして御礼申し上げます♪

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


----- 2013/06/10訂正 -------------------------
エクスパンション・ドラフトの対象選手リストに、岩手#2澤岻を含めておりましたが、岩手#2澤岻は『FA権行使選手と同等の権利を有する』ことになっているため、エクスパンション・ドラフトの対象外という理解が正解でした。

誠に申し訳ございません。
訂正してお詫び申し上げます。

なお、秋田#10庄司が現役を引退し、新潟アルビレックスBBのアシスタント・コーチに就任すると発表がありましたので、同じくリストから削除させて頂きます。
----- 以上、訂正 --------------------------------



bjリーグ・2013-2014シーズンの選手契約に向け、各チームのプロテクト選手が発表されましたので、今回はそのお話を。


▼岩手ビッグブルズ 【チーム】プロテクト選手のお知らせ
http://bigbulls.jp/blog/2013/06/post-46.html

▼秋田ノーザンハピネッツ 【2013-2014シーズン】プロテクト選手のお知らせ
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/akitapro/article/1954

▼仙台89ERS 【お知らせ】プロテクト選手のお知らせ
http://news.89ers.jp/?eid=890

▼新潟アルビレックスBB プロテクト選手決定のお知らせ
http://www.albirex.com/news/130606_860.html

▼富山グラウジーズ 選手プロテクトのお知らせ
http://grouses.jp/news/2013/06/06/26504

▼信州ブレイブウォリアーズ プロテクト選手のお知らせ
http://www.b-warriors.net/archives/6910

▼群馬クレインサンダーズ プロテクト選手決定のお知らせ
http://www.g-crane-thunders.jp/news/detail/213/

▼埼玉ブロンコス プロテクト対象選手のお知らせ
http://broncos.sailog.jp/topics/2013/06/post-0be6.html

▼東京サンレーヴス 【選手情報】プロテクト選手決定のお知らせ
http://tokyo-cinqreves.jp/?p=3674

▼横浜ビー・コルセアーズ プロテクト選手のお知らせ
http://b-corsairs.com/20130608-2091

▼浜松・東三河フェニックス 2013-2014シーズン プロテクト選手のお知らせ
http://www.bj-phoenix.com/blog/?p=11687

▼滋賀レイクスターズ プロテクト選手のお知らせ
http://www.lakestars.net/news/detail/id/1156

▼京都ハンナリーズ プロテクト対象選手のお知らせ
http://hannaryz.jp/information/info.aspx?nid=2612

▼大阪エヴェッサ 2013-2014プロテクト選手リスト発表に関してのお知らせ
http://www.evessa.com/news/2013/06/entry_20360/

▼島根スサノオマジック 島根スサノオマジック プロテクト選手
http://www.susanoo-m.com/2405.html

▼高松ファイブアローズ 2013-2014シーズンプロテクト選手のお知らせ
http://www.fivearrows.jp/news/team/entry-537.html

▼ライジング福岡 プロテクト選手のお知らせ
http://rizing-fukuoka.com/team/%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%86%e3%82%af%e3%83%88%e9%81%b8%e6%89%8b%e3%81%ae%e3%81%8a%e7%9f%a5%e3%82%89%e3%81%9b-2.html

▼琉球ゴールデンキングス プロテクトのお知らせ
http://www.okinawa-basketball.jp/2013/06/post_1090.html

▼bjリーグ公式サイト 「プロテクト」選手の発表
http://bjleague.livedoor.biz/archives/51906157.html

▼bjリーグ公式サイト 千葉・大分・宮崎チームおよびその他公示選手(6月6日)
http://bjleague.livedoor.biz/archives/51906136.html



<プロテクトについて、簡単に説明>

※選手に関する規程と見比べながら読んで頂きますと分かりやすいかもしれませんん。

▼bjリーグ 選手に関する規程
http://www.bj-league.com/pdf/2012-2013players.pdf

(ただし、リンク先のPDFは、2012-2013シーズンに関するものなので、2013-2014シーズンもそのまま適用されるかどうかは不明です)


「実力伯仲リーグ」(bjリーグ宣言の中の「bjリーグ7つのビジョン」に記載)を実現するため、bjリーグでは、既存チームに所属する選手の中から、好きな選手を選んで自チームの選手にする(正確には仮保有権を取得する)権利を、新規参入チームに与えています。
そのためのドラフトが「エクスパンション・ドラフト」であり、2013-2014シーズンから参入する、青森ワッツと、バンビシャス奈良が、『好きな選手を選ぶ権利』を持ってます(第23条)。

しかし、既存チームにも、ある一定の権利を与えています。
それが、『プロテクト』です。

プロテクト(Protect:「保護する」の意)することで、エクスパンション・ドラフト(新規参入チームが、好きな選手を選ぶドラフト)で、新規参入チームから選ばれないようにすることが出来ます(第22条)。
(ただし、プロテクトを行った選手とは、来シーズンA契約を締結する必要があります)


なお、上記で言うところの『選手』とは、『日本国籍選手と最終学歴が日本の学校の外国籍選手』であり、最終学歴が外国の学校である外国人選手は含みません。
(そして、最終学歴が外国の学校である日本人選手は、プロテクトおよびエクスパンション・ドラフトの対象に含まれると理解しています)

また、従来、プロテクト可能な人数は、過去の成績から基準となる人数枠が決まり、その基準枠を超えた人数分は、新人ドラフトでの指名権を失うという仕組みでしたが、今回からは(2012-2013シーズンのドラフトから?)、『どのチームも最大3名まで』に変更になったようです。


・・・ひょっとしたら間違っているかもしれませんが、だいたいこんな感じです。
なお、図にしてみましたので、ご参考にして頂ければと思いますw


00_expansion_system_130610.jpg



ということで。
2013年6月6日(木)に発表された、既存チームによるプロテクト選手。

上記の説明の通り、エクスパンション・ドラフトで指名されないよう、既存選手を確保する制度がプロテクト。
しかし、前回のブログでもちょろっと触れましたが、大阪エヴェッサのプロテクト選手は、なんと『ゼロ』。

チーム発表によると、『新しいチームの目標実現のためには抜本的な組織改革が必要』とのことだそうですが、これに驚いたのは、私だけだったのでしょうか・・・


来シーズンは果たしてどのようなチーム編成になるのか。
そして、興業面ではどのようになるのか。

これは楽しみかなぁと思っておりますw



なお、プロテクトされた選手は、ぜんぶで46名。
その選手たちを、EFFの高かった順にリスト化してみるとこうなりました。


01_bj13-14_protect_130609.jpg

(大きな表になってしまって、ゴメンナサイm(__)m)


既存チームからプロテクトされた選手の中で、EFFが一番高かったのは、富山#9水戸。
こう言っちゃ失礼かもしれませんが、これはちょっと意外でしたw


ただ、2012-2013シーズンの富山グラウジーズは、最後の最後まで優勝争いを繰り広げ、レギュラー・シーズンの最終順位は、イースタン・カンファレンス3位。
初のプレイオフ・ホームゲーム開催となったファースト・ラウンドを勝ち抜き、横浜ビー・コルセアーズとのカンファレンス・セミファイナルも、第3戦までもつれこむなど、ファイナルズまであと1歩まで迫った、富山グラウジーズ。

2013-2014シーズンも、この強さを維持するのでしょうか???
富山#31城宝がFA権行使を宣言しているだけに、どーなるのか分かりませんが・・・こちらも楽しみにしておりますw


あと個人的にギョッと思ったのが、岩手#8月野がまだ24歳であったこと。
(表下部にも記載ておりますが、年齢はプロテクトが発表された2013年6月6日時点の年齢です)


あれ???岩手#8月野って、2012-2013シーズンが3シーズン目だったから、それだと年齢が合わないんじゃない???・・・と思ったのですが。
bjリーグ・1シーズン目の2010-2011シーズンは、大学在籍中に、アーリー・エントリーで、宮崎シャイニングサンズに加入していたんですねー

なるほど、納得でしたm(__)m



ちなみに、2013年6月19日(水)のドラフト会議で行われるエクスパンション・ドラフトでは、新規参入チームである青森ワッツおよびバンビシャス奈良の2チームが、プロテクトされなかった選手およびFA権を行使していない選手の中から、好きな選手を選ぶ権利を有しています。
そこで、エクスパンション・ドラフトで指名可能な選手のうち、EFFの上位25名と出身地が青森県もしくは奈良県である選手をリスト化してみました。


03_bj13-14_exp_player_130610.jpg


うーん・・・これ合ってるのかなぁ・・・
まず自信ないのが、横浜#10ファイ・パプ・ムールの扱い。

エクスパンション・ドラフトでは、大原則として『日本国籍選手と最終学歴が日本の学校の外国籍選手』であることが、まず第一条件。
そこに素直に当てはめると、横浜#10ファイ・パプ・ムールはセネガル国籍ながらも、関東学院大学を卒業しているので、このエクスパンション・ドラフトの対象になると理解しているのですが・・・

もし間違っていたら、申し訳ないですm(__)m


それと、もうひとつよく分からないのが、千葉ジェッツ、大分ヒートデビルズ、宮崎シャイニングサンズに所属していた選手の取り扱い。

bjリーグ公式サイトの、千葉・大分・宮崎チームおよびその他公示選手の発表を読むと、『FA権行使選手と同等の権利を有する』となっておりましてー。
ということは、エクスパンション・ドラフトの対象にはならないってことで良いんですよね?????

うーん・・・よくワカランm(__)m


ってか、来シーズンの参戦も決まっている大分ヒートデビルズってプロテクトの権利を持っていないのでしょうか・・・
運営会社が変わったことで、選手契約も一度白紙になるということなのでしょうか・・・

・・・これも、オツムが弱い私は、イマイチ理解出来ずにいます・・・
(まさか、大分ヒートデビルズも、新規参入チームとして、エクスパンション・ドラフトに参加したりしないですよね!!!???)


バスケだから出来ること

【米国スポーツ経営者の発想に学ぶ】勝負は試合の前についている!

【沖縄までの最安値は???】楽天・ANAパックが意外にお得


※ブログに関する感想をお待ちしております。
今後の参考とさせて頂きますので、ぜひご感想をお聞かせ下さいm(__)m

ナリユキ >>> bjnariyuki@gmail.com

posted by ナリユキ at 14:38 | Comment(0) | bjリーグ コーチ&選手の契約状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月07日

bjリーグ・2012-2013シーズンオフ FA権取得選手の契約状況 vol.03 (2013/06/06 20:00時点)



+++ はじめに ++++++++++++++++++++++++++++++++++

東北関東大震災で被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
1日でも、1分でも、1秒でも早く、元の静穏な日々が取り戻せますよう、真にお祈り申し上げます。

また、地震・津波の発生よりご支援頂いております全国の皆様にも心より感謝申し上げます。
そして、引き続きのご支援を今一度、よろしくお願い申し上げますm(__)m

-----------------------------------------------------------------------------

<Facebookに「いいね!」を頂いた皆様、ツイッターでRT頂いた皆様へ>

Facebookに「いいね!」を頂いた皆さま、ツイッターでRT(リツイート)頂きました皆様。
誠にありがとうございますm(__)m

個別に御礼を申し上げることが出来ておりませんが、この場をお借りして御礼申し上げます♪

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++



さて、bjリーグ・2012-2013シーズンオフのFA権に関し、新たな動きがありましたので、そのご紹介をば。

※この記事の一番最後に、FA権を取得および行使宣言した選手のリストを掲載しております


[2013/06/04]
▼滋賀レイクスターズ #11藤原隆充選手  FA権行使のお知らせ
http://www.lakestars.net/news/detail/id/1154

[2013/06/06]
▼埼玉ブロンコス FA権行使選手のお知らせ
http://broncos.sailog.jp/topics/2013/06/fa-00fd.html

[2013/06/06]
▼京都ハンナリーズ FA権行使選手のお知らせ
http://hannaryz.jp/information/info.aspx?nid=2610

[2013/06/06]
▼大阪エヴェッサ FA権行使選手のお知らせ
http://www.evessa.com/news/2013/06/entry_20359/

[2013/06/06]
▼島根スサノオマジック フリーエージェント権(FA権)行使選手
http://www.susanoo-m.com/2403.html

[2013/06/06]
▼琉球ゴールデンキングス フリーエージェント権行使について
http://www.okinawa-basketball.jp/2013/06/post_1088.html

[2013/06/06]
▼bjリーグ公式サイト FA権行使のお知らせ
http://bjleague.livedoor.biz/archives/51906137.html

※リーグ発表およびチームによっては発表が6日になっていますが、FA権行使の期限は2013年6月5日(水)でした
(・・・ルール通りに運用しているのであればw)



bjリーグ・2012-2013シーズンオフのFA権を取得したのは、85人。
そのうち、FA権の行使を宣言したのは、最終的に18名の選手でした。


過去2シーズンでは、FA権を取得した選手のうち、平均して25%の選手がFA権を行使。
そこから考えると、今シーズンはFA権を行使した人数が、過去2シーズンに比べて少ないという結果に。

(FA権を取得した85人の25%が行使すると仮定すると、その人数は21人という計算になるので)


既存チームに愛着を持っている選手が、多いということなのか。
それとも、FA権の行使自体に、あまり魅力が感じられなかったのか。

その辺りはよく分かりませんが、いずれにせよ、bjリーグが盛り上がる結果になれば良いなと思っております♪


なお、FA権を行使した選手を改めて見てみると、今シーズンも、なかなかの実力揃いが並んだかなと。
(ぶっちゃけ、このメンバーでチームを作ったら、外国人選手なしでもプレイオフに出られそうw)

特に、今までに取り上げていない選手で一人挙げるとすれば、大阪#7今野でしょうか。


大阪学院大学を卒業後、2007-2008シーズンから大阪エヴェッサに加入。

そこから実に6シーズン。
大阪エヴェッサ一筋でプレイしてきた#7今野がFA権を行使。


とは言え。
人気・実力ともに兼ね備えた選手ですし、大阪エヴェッサにすんなり残留かなぁと思っていたのですが・・・


ただ、大阪エヴェッサは今回、在籍選手のプロテクトを見送り。
また、『新しいチームの目標実現のためには抜本的な組織改革が必要と判断』という、何とも激烈なコメントが記載されておりまして・・・

これは、大阪#7今野の移籍も、ひょっとしたら有り得るのか!!!???なーんて、ワイドショー的なことを勘ぐったりしておりますw


さあ、どーなるのでしょうか???

ちなみに、FA権を行使した選手との交渉は、すでに本日(2013年6月6日)の正午から解禁になっておりましてー
ひょっとしたら、どこかのチームで、いきなりリリースが出るかな???と思っていたのですが、さすがにそれは今のところなかった模様です。


なお、リーグから各チームのプロテクト選手も発表されておりますが、その件はまた追って、このブログでも触れたいと思います〜



※以前のブログでも掲載した、bjリーグ・2013-2014シーズンに向けた、主な契約スケジュール表をここでも掲載致します。
サムネイル表示になっているので小さくなっていますが、クリックして頂くと拡大されますので、ご興味・ご関心をお持ちの方は、ご参考にして頂ければと思いますm(__)m

00_bj13-14_contract_schedule.jpg
↑クリックすると拡大します。


01_bj12-13off_FA_130606.jpg


◎これまでのFA権行使のお知らせリスト

[2013/05/28]
▼仙台89ERS 【お知らせ】FA権行使選手のお知らせ
http://news.89ers.jp/?eid=882

[2013/06/01]
▼岩手ビッグブルズ 【チーム】FA権行使選手のお知らせ
http://bigbulls.jp/blog/2013/06/fa.html

[2013/06/01]
▼新潟アルビレックスBB #15根東裕隆選手 FA権行使のお知らせ
http://www.albirex.com/news/130601_858.html

[2013/06/04]
▼富山グラウジーズ FA権 行使のお知らせ
http://grouses.jp/news/2013/06/04/26493

[2013/06/04]
▼浜松・東三河フェニックス 仲西翔自選手、フリーエージェント権(FA権)行使のお知らせ
http://www.bj-phoenix.com/blog/?p=11672

[2013/06/04]
▼ライジング福岡 FA権行使選手のお知らせ
http://rizing-fukuoka.com/team_info/fa%e6%a8%a9%e8%a1%8c%e4%bd%bf%e9%81%b8%e6%89%8b%e3%81%ae%e3%81%8a%e7%9f%a5%e3%82%89%e3%81%9b.html


バスケだから出来ること

【米国スポーツ経営者の発想に学ぶ】勝負は試合の前についている!

【沖縄までの最安値は???】楽天・ANAパックが意外にお得


※ブログに関する感想をお待ちしております。
今後の参考とさせて頂きますので、ぜひご感想をお聞かせ下さいm(__)m

ナリユキ >>> bjnariyuki@gmail.com

posted by ナリユキ at 00:25 | Comment(0) | bjリーグ コーチ&選手の契約状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月04日

bjリーグ・2012-2013シーズンオフ FA権取得選手の契約状況 vol.02 (2013/06/04 20:00 時点)



+++ はじめに ++++++++++++++++++++++++++++++++++

東北関東大震災で被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
1日でも、1分でも、1秒でも早く、元の静穏な日々が取り戻せますよう、真にお祈り申し上げます。

また、地震・津波の発生よりご支援頂いております全国の皆様にも心より感謝申し上げます。
そして、引き続きのご支援を今一度、よろしくお願い申し上げますm(__)m

-----------------------------------------------------------------------------

<Facebookに「いいね!」を頂いた皆様、ツイッターでRT頂いた皆様へ>

Facebookに「いいね!」を頂いた皆さま、ツイッターでRT(リツイート)頂きました皆様。
誠にありがとうございますm(__)m

個別に御礼を申し上げることが出来ておりませんが、この場をお借りして御礼申し上げます♪

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++



さて、bjリーグ・2012-2013シーズンオフのFA権に関し、新たな動きがありましたので、そのご紹介をば。


[2013/06/01]
▼岩手ビッグブルズ 【チーム】FA権行使選手のお知らせ
http://bigbulls.jp/blog/2013/06/fa.html

[2013/06/01]
▼新潟アルビレックスBB #15根東裕隆選手 FA権行使のお知らせ
http://www.albirex.com/news/130601_858.html

[2013/06/04]
▼富山グラウジーズ FA権 行使のお知らせ
http://grouses.jp/news/2013/06/04/26493

[2013/06/04]
▼浜松・東三河フェニックス 仲西翔自選手、フリーエージェント権(FA権)行使のお知らせ
http://www.bj-phoenix.com/blog/?p=11672

[2013/06/04]
▼ライジング福岡 FA権行使選手のお知らせ
http://rizing-fukuoka.com/team_info/fa%e6%a8%a9%e8%a1%8c%e4%bd%bf%e9%81%b8%e6%89%8b%e3%81%ae%e3%81%8a%e7%9f%a5%e3%82%89%e3%81%9b.html

※この記事の一番最後に、FA権を取得および行使宣言した選手のリストを掲載しております



6月に入って、新たにFA権行使を宣言したのは、5人の選手。
顔ぶれを見ると、富山グラウジーズの#31城宝や、浜松・東三河フェニックスの#25仲西に注目が集まるのかなぁという気がするのですが。

この5人の中で、私が何となく気になるのが、新潟アルビレックスBBの#15根東。


2010-2011シーズンに、JBL(当時)のパナソニック・トライアンズから、bjリーグの新潟アルビレックスBBに移籍。
(ドラフトでのチーム加入だったので、『移籍』という表現が正しいのかどうかは分かりませんが・・・)


bjリーグ1年目は、40試合に出場(ベンチ登録)し、スターター(先発選手)は4試合。
しかし、2シーズン目にはさらに出場機会を増やし、3シーズン目となった2012-2013シーズンは、52試合中、49試合で先発出場。

外国人選手の出場制限が変わったとは言え。
得点・リバウンド・アシスト・出場時間など、各スタッツもぞれぞれ増加し、EFFは二桁まであと少しの8.0を記録。

3シーズン目にして、bjリーグでようやく居場所を見つけたのかなというのが、新潟#15根東に対する、私の印象でした。


11_bj_kondo_130604.jpg


そんな新潟#15根東がFA権を行使する。

これがですねー
個人的には、何となく楽しみな感じがしておりましてw


新潟アルビレックスBBに残留するのか。
それとも、他のチームに移籍するのか。

そして、他のチームに移籍した場合に、来シーズン(2013-2014シーズン)はどのようなプレイを見せてくれるのか。
今から楽しみかなと思っておりますw


それと、もうひとり挙げるとすれば、やはり岩手#3石橋でしょうか。

御年39歳。
しかも、今年(2013年)の12月には40歳のお誕生日を迎える、岩手#3石橋。


Wikipediaに掲載されている経歴を見ると、1996年に日立大阪に加入して以降、アイシン精機→横浜ギガキャッツ→大阪ディノニクス→大阪エヴェッサ→滋賀レイクスターズ→京都ハンナリーズ→岩手ビッグブルズと、ここまで8チームを渡り歩いてきた、岩手#3石橋。


岩手ビッグブルズへの残留か。
それとも、新たなチームへの移籍か。
はたまた、かつてのチームへの復帰なのか。

こちらも、今後の動向に、注目したいと思います♪


ちなみにー。
FA権行使の期限・・・なんと、明日2013年6月5日(水)。

ここまでリーグや各チームの公式サイトで公表されているFA権行使選手は8名ですが、最終的には何人の選手が、FA権を行使するのでしょうか。
いやぁ、楽しみなのやら、怖いのやら・・・w


※以前のブログでも掲載した、bjリーグ・2013-2014シーズンに向けた、主な契約スケジュール表をここでも掲載致します。
サムネイル表示になっているので小さくなっていますが、クリックして頂くと拡大されますので、ご興味・ご関心をお持ちの方は、ご参考にして頂ければと思いますm(__)m

00_bj13-14_contract_schedule.jpg
↑クリックすると拡大します。


01_bj12-13off_FA_130604.jpg


◎これまでのFA権行使のお知らせリスト

[2013/05/28]
▼仙台89ERS 【お知らせ】FA権行使選手のお知らせ
http://news.89ers.jp/?eid=882


バスケだから出来ること

【米国スポーツ経営者の発想に学ぶ】勝負は試合の前についている!

【沖縄までの最安値は???】楽天・ANAパックが意外にお得


※ブログに関する感想をお待ちしております。
今後の参考とさせて頂きますので、ぜひご感想をお聞かせ下さいm(__)m

ナリユキ >>> bjnariyuki@gmail.com

posted by ナリユキ at 23:15 | Comment(0) | bjリーグ コーチ&選手の契約状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月03日

bjリーグ・2012-2013シーズン プレイオフのチーム成績をまとめてみたw



+++ はじめに ++++++++++++++++++++++++++++++++++

東北関東大震災で被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
1日でも、1分でも、1秒でも早く、元の静穏な日々が取り戻せますよう、真にお祈り申し上げます。

また、地震・津波の発生よりご支援頂いております全国の皆様にも心より感謝申し上げます。
そして、引き続きのご支援を今一度、よろしくお願い申し上げますm(__)m

-----------------------------------------------------------------------------

<Facebookに「いいね!」を頂いた皆様、ツイッターでRT頂いた皆様へ>

Facebookに「いいね!」を頂いた皆さま、ツイッターでRT(リツイート)頂きました皆様。
誠にありがとうございますm(__)m

個別に御礼を申し上げることが出来ておりませんが、この場をお借りして御礼申し上げます♪

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++



以前のブログで、『レギュラー・シーズンの成績に関しては、追っていろいろと書きたい』と書いておきながら何ですが。
今回は、プレイオフの成績とスタッツをまとめてみましたw


01_bj12-13_team_PO.jpg


- レギュラー・シーズンの成績と同様に、その他の詳細スタッツもPDFにまとめておりますので、よろしければご参照ください

▼ダウンロードはこちらから
bjリーグ・2012-2013シーズン プレイオフ チーム成績


プレイオフの勝敗を振り返ってみると、初優勝を果たした横浜ビー・コルセアーズを含め、プレイオフで全勝したチームは無いという結果に。
これは意外と言うべきなのか、そんなもんだろと言うべきなのか。

また、得失点差を見ると、優勝した横浜ビー・コルセアーズの得失点差はプラス0.8とわずかにゼロを上回る程度だったのに対し、もっとも得失点差が高かったのは、新潟アルビレックスBBのプラス8.0という結果でした。


7カ月におよぶ長期間で優劣を争うレギュラー・シーズンでは、得失点差が良いチームほど、勝率も高いという傾向がある一方。
たった3週間で順位が決まってしまうプレイオフでは、得失点差が大きいからと言って、優勝出来るわけではない。


前のラウンドの成績が次のラウンドに持ちこされないプレイオフ。
(例えば、ファースト・ラウンドで圧勝しても、カンファレンス・セミファイナルで有利な状態から始められるわけではない)

これもレギュラー・シーズンとは違う方針で行われる、プレイオフの面白さのひとつなのかもしれませんw


なお、数字をいろいろと捏ねくり回していて、個人的に興味深いなぁと思ったのが、レギュラー・シーズンの成績との比較。
詳細スタッツのPDFには、レギュラー・シーズンでの成績も載せているのですが、各チームの得点を見てみると、レギュラー・シーズンに比べて、プレイオフでの平均得点が低くなっているチームがほとんどでして。


02_bj12-13_team_PO,-RS_dif.jpg


表下部の但し書きの通り、プレイオフのスタッツを計算する際には、5分ハーフの第3戦は除いているので、その分で数字が低くなったわけでもないだろうというのが現時点での私の感想。


となると、プレイオフに出場するチームは、どのチームもディフェンスが良くて、得点が伸びない傾向にあるのか。
それとも、短期決戦で試合運びが慎重になり、得点が伸びなかったのか。

この辺りは・・・、また追って書きたいと思いますm(__)m
(最近、こればっかりやなw)



では最後に。
bjリーグ・2012-2013シーズンのプレイオフに出場した選手の個人成績を計算してみました。


◆bjリーグ・2012-2013シーズン プレイオフに出場した選手のEFFランキング 
(ただし、ファイナルズに出場したチームの選手のみ)

1位 26.5: レジー・ウォーレン(福岡#2)
2位 23.8: ジュリアス・アシュビー(福岡#4)
3位 23.0: ドゥレイロン・バーンズ(横浜#2)
4位 19.3: ジョシュ・ペッパーズ(福岡#22)
5位 19.0: デイビッド・パルマー(京都#12)
6位 16.5: ナイル・マーリー(新潟#20)
6位 16.5: クリス・ホルム(新潟#54)
8位 14.0: マーカス・クザン(京都#41)
9位 13.8: ロドニー・ウェブ(新潟#5)
10位 13.33: ジャーメイン・ボイェット(京都#2)

(参考)11位 13.25: トーマス・ケネディ(横浜#1)

- スタッツ集計期間: bjリーグ・2012-2013シーズンのファースト・ラウンド、カンファレンス・セミファイナル、ファイナルズのうち、5分ハーフの第3戦を除いた20試合


※EFFって何???という方は、TECOTEC社が作成しているbjリーグ・JBL選手ランキングに説明が載っておりますので、そちらをご参照下さいm(__)m

▼TECOTEC社 bjリーグ・JBL選手ランキング EFF説明
http://www.tecotec.co.jp/bj/ranking/doc1.html

※月間成績では、『総合POINT = 各選手のEFF × チーム勝率』で計算しランキングしておりましたが、プレイオフでチーム勝率を考慮するのは、ちょっと違うかな・・・という気がしたので、その方法は採用しませんでした

※全選手のランキング・データをPDFにまとめておりますので、よろしければご参照ください

全選手のランキングデータ: bjリーグ・2012-2013シーズン プレイオフ選手個人スタッツ

(ページ2枚に収まるように無理やり縮小しておりますので、ご覧になる場合には拡大して頂ければと思いますm(__)m)


bjリーグ・2012-2013シーズンのプレイオフ。
ファイナルズに進出したチームの選手だけに絞って見ると、最も高いEFFを記録したのは、福岡#2レジー・ウォーレンでしたw


福岡#2レジー・ウォーレン。
失礼な言い方かもしれませんが、ひょっとしたら、全国的にはあまり名前が知られた選手ではないのかもしれません。

(そでも無かったら、ごめんなさいm(__)m)


ただ、私の中では、今シーズンのbjリーグの外国人選手の中で、最も印象に残った選手だったと言っても過言ではなく。


過去には、高松ファイブアローズ、埼玉ブロンコス、京都ハンナリーズでプレイしたことがある、福岡#2ウォーレン。

その時の印象は、どちらかというと、暴れん坊。
シュートも上手い良い選手である一方、頭に血が上りやすくて自分の仕事しかしない。

失礼ながら、そんな印象を持っていました。


しかし、今シーズンの#2ウォーレンを見ていると、リーダーとしてチームを引っ張る意識が、非常によく見られてですねー


プレイでチームを引っ張り。
声を掛けて、仲間を鼓舞し。

そして、福岡#4アシュビーがキレそうになると、イの一番に駆け付けて、宥め賺すw


年齢を重ねたことで、本人の中でも心境の変化があったのか、今シーズンはリーダーシップも発揮していて、本当に素晴らしい選手になったなぁというのが、私の印象でした。
(相変わらず、上から目線で、すんまそんm(__)m)


ファイナルではヘッドバンドを投げつけ、テクニカル・ファウルを宣告されるという残念な場面があったものの。
(あれはねー。贔屓目で見ているだけかもしれませんが、ある意味で可哀想かなぁという気もちょっとしましたが・・・)

来シーズンもまた、bjリーグで見たいなぁと思っている、選手のひとりだったりしています♪



◇bjリーグ・2012-2013シーズン
プレイオフでの、主要項目の個人成績ランキング

※ファイナルズに出場したチームの選手だけではなく、プレイオフに出場した全12チームの選手でのランキングです
※5分ハーフの第3戦は除いて計算しています


▼プレイオフ 得点王(1試合あたりの平均得点)

1位 26.3点: ドゥレイロン・バーンズ(横浜#2)
2位 24.0点: マーキン・チャンドラー(千葉#35)
3位 20.5点: カルロス・ディクソン(岩手#32)
4位 19.5点: レジー・ウォーレン(福岡#2)
4位 19.5点: ジョシュ・ペッパーズ(福岡#22)
4位 19.5点: ジョー・ワーナー(千葉#34)
7位 18.8点: ブランドン・フリーマン(島根#20)
8位 18.3点: ジュリアス・アシュビー(福岡#4)
9位 18.0点: エンジェル・ガルシア(富山#41)
9位 18.0点: シェルトン・コルウェル(滋賀#14)
9位 18.0点: ディアンドレ・ベル(千葉#13)


▼プレイオフ リバウンド王(1試合あたりの平均リバウンドOR+DR)

1位 12.5本: ケビン・ガロウェイ(浜松#13)
2位 11.8本: レジー・ウォーレン(福岡#2)
3位 11.0本: クリス・ホルム(新潟#54)
4位 10.5本: ジュリアス・アシュビー(福岡#4)
5位 10.3本: ジェラル・デービス(島根#4)
6位 10.0本: カルロス・ディクソン(岩手#32)
6位 10.0本: ジョー・ワーナー(千葉#34)
8位 9.8本: マーシャル・ブラウン(秋田#15)
9位 9.5本: ナイル・マーリー(新潟#20)
10位 9.0本: マイケル・パーカー(島根#3)
10位 9.0本: アンソニー・マクヘンリー(琉球#5)

(これまた、意外な選手が、1位になりましたねぇ・・・)


▼プレイオフ EFFランキング

1位 26.5: レジー・ウォーレン(福岡#2)
1位 26.5: カルロス・ディクソン(岩手#32)
3位 25.5: ジョー・ワーナー(千葉#34)
4位 23.8: ジュリアス・アシュビー(福岡#4)
5位 23.5: マイケル・パーカー(島根#3)
6位 23.0: ケビン・ガロウェイ(浜松#13)
6位 23.0: ジェラル・デービス(島根#4)
6位 23.0: ドゥレイロン・バーンズ(横浜#2)
6位 23.0: マーキン・チャンドラー(千葉#35)
10位 20.0: アンソニー・マクヘンリー(琉球#5)
10位 20.0: エンジェル・ガルシア(富山#41)



<注意>
ランキングは、あくまでデータ化された数字のみを用いた評価となっており、数字に表れない部分は評価の対象となっておりません。
お気に入りの選手のランキングが低過ぎる!!!とか、正当な評価ではない!!!という意見もあろうかとは思いますが、何卒ご了承頂ければと思いますm(__)m

また、平均値の計算方法の違いから、bjリーグが公表しているスタッツとは数字が異なっている場合がありますので、ご留意願いますm(__)m
- bjリーグの計算方法(推測): ベンチ入りしても、試合に出場しなければ1試合として数えない
- このランキング表の計算方法: 試合に出場していなくても、ベンチ入りしていれば1試合として数える


バスケだから出来ること

【米国スポーツ経営者の発想に学ぶ】勝負は試合の前についている!

【沖縄までの最安値は???】楽天・ANAパックが意外にお得


※ブログに関する感想をお待ちしております。
今後の参考とさせて頂きますので、ぜひご感想をお聞かせ下さいm(__)m

ナリユキ >>> bjnariyuki@gmail.com

posted by ナリユキ at 22:37 | Comment(0) | bjリーグ チーム&選手の月間成績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。